castiel blog

元イジメられっ子。ニュージーランド(海外)での仕事や生活、パセドウ病での闘病などをメインに書いていこうと思います。

あなたがペットにする動物は? VOL,3 マルチーズ

マルチーズってどんな犬?

f:id:castielblog:20191017164337p:plain



小さくて真っ白なふわふわの毛並み。駆け寄ってくる姿はまるでぬいぐるみのようです。 そんなマルチーズは『抱き犬』『貴族の犬』として古くから人々に愛されてきた犬種なのです。 今回はそんな可愛いマルチーズについてまとめてみました。
目次
マルチーズの特徴 マルチーズの歴史 マルチーズの性格 マルチーズの飼い方 まとめ

 

マルチーズの特徴

f:id:castielblog:20191017164421p:plain



マルチーズの特徴は小柄な体にシルクのように美しい毛並みです。触るとまるでふわふわの 綿あめのようです。小柄なマルチーズは抜け毛も少なく、運動量も少なくて良いので、初心者 でも飼いやすい犬種といえます。目の病気が多い犬種なので、伸びてきた毛が目に入らない ようにカットしてあげるか、ゴムで結んであげましょう。

マルチーズの歴史

f:id:castielblog:20191017164452p:plain



マルチーズの歴史は非常に古く、紀元前 1500 年頃、地中海にある『マルタ島』にフェキニア人 が持ち込んだ犬がマルチーズの先祖といわれています。マルチーズは当初から愛玩犬として船 の中で飼われていました。その後、マルチーズの容姿や性格に魅了され、貴族や上流階級の 人々を中心に愛されるようになりました。膝の上にちょこんと座る姿は気品があり、あのビク トリア女王もマルチーズを大変可愛がっていたといわれています。これがマルチーズが『抱き 犬』『貴族の犬』といわれる所以です。


マルチーズの大きさ
マルチーズの一般的な大きさは、体高 23~25 cm、体重2~3kg。マルチーズは性別による体 格差はありません。小型犬の中でも特に小さい犬種として分類されます。しかし、個体差は大 きく 2 kgに満たない小柄な子もいれば、4 kgを超える大きな子もいます。犬も人と同じように 体型にも個性があります。痩せすぎや肥満は病気の原因になります。その個体の体格にあった 適正体重を管理してあげましょう。


マルチーズの寿命
可愛い愛犬とできるだけ長く一緒にいたいというのが飼い主の思いですよね。マルチーズの 平均寿命は 13 歳です。あくまで平均なのでもっと長生きする子もいれば、短命な子もいます が、普段の生活環境や飼い主の管理によって寿命は延ばすことが可能です。日ごろから栄養価 の高い食事・適度な運動・健康診断は欠かさないよう心がけましょう。


マルチーズのカラー
マルチーズは純白が理想とされています。中には少し黄色がかった『レモン』と言われるカラー や、薄いベージュが入った『タン』というカラーもあります。その他のカラーはマルチーズのカラ ーとしては認められていません。

 
マルチーズの性格

f:id:castielblog:20191017164624p:plain



・明るい
マルチーズは明るく優しい性格の犬種です。愛玩犬として歴史が古い理由がよくわかります。 人が大好きで、「撫でて~」とすぐ近寄ってきます。ずっと見ていられるような癒しパワー全開 の犬種です。比較的子どもやお年寄りとも相性のいい犬ですが、中には子どもの相手が苦手 な個体もいるので注意は必要です。


・利口
マルチーズは非常に賢く利口です。きちんとしつけを行えば、絆も深まり、飼い主や家族のこ とが大好きで従順な犬になります。初心者でも飼いやすい犬種ですが、見た目も可愛らしいの で、ついつい甘やかすと気の強い一面を出すこともあり、反抗的になったり、他の人や自分よ
りも大きな犬に威嚇したりすることもあります。


・活発
『抱き犬』として愛されていたマルチーズですが、意外と活発で遊び好きなのです。ボールや おもちゃで遊んだり、走り回ったり・・運動させることでストレス発散や運動不足解消になるの で、散歩意外に室内遊びも積極的に取り入れてあげましょう。


・神経質
マルチーズは『マルチーズ・テリア』という別名もあるほどテリア気質の強い犬種です。神経質 で、環境の変化にストレスを感じると、下痢や食欲不振を起こすことがあります。また、しつけ を怠ると分離不安症や吠え癖がつく場合もありますので、愛情を持って日ごろからしつけを行 いましょう。


マルチーズの飼い方

f:id:castielblog:20191017164802p:plain



・食事
愛犬に与える食事は高たんぱく・低カロリーの物を選びましょう。安すぎる餌は添加物が多く 含まれており、犬にとって不要な穀類で量増ししているものもあります。犬は飼い主が与える ものしか口に出来ません。病気のリスクを減らすためにも、食事には気を使ってあげましょう。

・運動
マルチーズは散歩が大好きです。散歩は 20~30 分を 1 日 2 回行いましょう。また散歩意外 にもボール遊びや自由運動できる時間を設けてあげると喜びます。運動不足は肥満の原因に なりますので、適度な運動は健康に繋がる重要なものです。飼い主にとってもいい運動になり ますよ。


・定期的な健康診断
犬は 1 年で何歳も歳をとります。体の調子を訴えることができない犬の健康は飼い主がきち んと管理してあげましょう。健康診断は普段見えないところまで確認できるので、半年に1回 のペースで行ってあげるのが理想です。7 歳からシニア期に入るので、シニアになったらレント ゲンやエコーなでの項目を増やしてあげましょう。病気は早期発見に越したことはありません。 ・室内で飼う マルチーズは外飼いには向いていません。必ず室内で飼育しましょう。夏の暑さや冬の寒さに は非常に弱いので、室温の調整は常に管理が必要です。


・月に一度のトリミング
マルチーズは美しい毛並みを保つために最低でも月に一度はトリミングに連れていきましょ う。マルチーズはカットスタイルを楽しめる犬種でもあります。その個体の毛質にあったスタイ ルを見つけてあげてください。ただし、一度バリカンを入れてしまうと、毛並みが元に戻らない 場合もあるので、信頼できるトリマーさんによく相談してみてください。


・2 日に 1 回のブラッシング
マルチーズの毛はとても細くゴミや汚れが付きやすいです。毛玉も出来やすいので、ブラッシ ングは 2 日に 1 回は行いましょう。自分で毛玉をほどくのが難しい場合はプロにお願いしまし ょう。無理に取ろうとすると痛くてブラッシングを嫌がるようになる可能性もあります。ブラッ シングは血行を良くしたり、マッサージ効果もありますので欠かさないようにしましょう。


・デンタルケア
犬は虫歯にはなりにくいですが、歯石がつくスピードが非常に早く、歯周病になりやすいです。 歯周病は心臓病などの大きな病気を引き起こすリスクが高くなります。食後には歯磨きをして あげましょう。歯ブラシを嫌がる子もいますので、少しずつ慣らしていく必要があります。ロー プで遊んだり、おもちゃの木の棒をかじらせるのも効果があります。犬用のヒヅメも売ってい ますが、硬すぎて犬の歯の方が欠けてしまう恐れがあるのであまりおすすめはしません。
 
まとめ

f:id:castielblog:20191017164928p:plain



マルチーズは初心者でも飼いやすく、可愛くて魅力あふれる犬種ですが、飼うにはそれなりに 時間や費用が必要です。『可愛い』だけで飼える犬種ではないので、きちんと責任を持って面 倒を見れるか、良く考えて決断してください。正しく飼って、きちんとしつけをしてあげれば、 マルチーズは家族を笑顔にしてくれる最高の犬になりますよ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村